和歌山の外国人実習生受入れ・国際ビジネス情報協同組合

トップページ > 外国人技能実習制度とは
国際ビジネス情報協同組合の概要
外国人技能実習制度とは、日本の企業が中国やベトナムなどの若者を技能実習生として受入れ、実務を通して技術を学ぶ制度です。受入れするためには、私達のような組合等の団体(監理団体)を通じて技能実習生を受入れることが出来ます。入国する実習生は受入れ企業様と雇用関係を結び、実践的な能力を高める為に3年間(最長5年)の技能実習に励みます。これにより技能実習生への技術移転を図り、その国の経済発展にも繋がるわけです。
詳しくは「新しい制度」(PDFファイル)をご覧下さい

対象職種とスケジュール

適合職種+
毎年技能実習生を受入れることができます。
A受け入れ人数が2倍になります。

制度活用のメリット

国際貢献
優れた技術・技能を習得させることにより「国際貢献」を担うとともに、海外進出への基盤づくりなど国際的企業としてのイメージアップにも役立ちます。

「人づくり」はものづくり
実習生達の真面目で意欲的な姿勢は指導される社員様も気づかなかった考え方が生まれ、新たなものづくりの原動力となります。