和歌山の外国人実習生受入れ・国際ビジネス情報協同組合

トップページ > ここが違う〜IBIA実習生の特徴〜
国際ビジネス情報協同組合の概要

@ 募集機関の選定

 

各国の募集機関を独自で調査し、受入れ企業様の希望 される条件に出来る限り合致するよう、適切な機関を選定しています。
現在、当組合と提携している募集機関には下記の教育を徹底して頂いております。

1.会話中心の語学訓練
2.日本の習慣・道徳等の躾教育
3.毎月試験を実施し弊社へ報告
4.毎日8時間の授業と個別補習
5.5ヶ月以上の教育期間
6.日本語能力試験N4レベルが目標
7.定期的に受入れ企業を訪問

A 実習生の選考


真面目で素朴な若者を募集し、様々な試験を通過した候補者が面接に参加してきます。面接以外にも企業様の希望により技能試験などを実施し、より適正な候補者を選定できます。


実習生受入れまでの詳しい流れは技能実習生受け入れまでの流れをご覧ください。

B 徹底した事前講習

実習生来日後、企業様での実習が始まるまでの1ヶ月間、弊社では下記の講習を実施しています。
1.日本人講師による実践会話訓練
2.現場で使用する専門用語の暗記
3.日本の習慣やマナーに関する躾教育
4.日本の交通・防災に関する教育
5.専門家による日本の法律に関する講習
【講習風景はどなたでも見学いただけます。ご希望の際、事務局までお気軽にご相談ください。】

C 組合の体制


企業様に安心して受入れて頂くため、和歌山に本店・大阪にも出張所を設置し、関西圏内を中心に活動しております。
日本人スタッフはもちろん、中国人スタッフ・ベトナム人・タイ人が制度のご提案から受入れ後のご相談等、スムーズに受入れが出来るようバックアップさせて頂きます。