和歌山の外国人実習生受入れ・国際ビジネス情報協同組合

トップページ > 不正行為は許しません!!
国際ビジネス情報協同組合の概要
外国人技能実習生制度には
出入国管理及び難民認定法」「労働基準法」「労働安全衛生法
などの労働関連法規などの法律があります。
やってはいけない行為をよく理解をして、正しく制度を活用して下さい。

不正行為の内容


@暴行・脅迫・監禁
  暴行・脅迫・監禁行為の最終日から5年間
A旅券・在留カート゛の取り上け゛
  旅券・在留カート゛を取り上け゛占有した期間の最終日から5年間
B賃金等の不払
  不払の賃金を精算した日から5年間
C人権を著しく侵害する行為
  人権侵害行為の終了日から5年間
D偽変造文書等の行使・提供
  偽変造文書等を行使又は提供した日から5年間
E保証金等の徴収等
  徴収した保証金を返還した日又は違約金等に係る契約の締結日から3年間
F雇用契約に基つ゛かない講習の期間中の業務への従事
  講習期間中に業務に従事させる行為の最終日から3年間
G二重契約
  申請内容と異なる内容の取り決めを行った日から3年間
H技能実習計画との齟齬
  計画に沿った内容の技能実習を開始した日又は計画に沿った内容の技能実習を再開
  しないまま当該技能実習か終了しているときはその最終日から3年間
I名義貸し
  申請内容と異なる他の機関て゛技能実習を実施させた最終日又は 当該他の機関で
  技能実習を実施した最終日から3年間
J実習実施機関における「不正行為の報告不履行」・「実習継続 不可能時の報告不履行」
  報告の履行日から3年間
K監理団体における「不正行為等の報告不履行」・「監査,相談 体制構築等の不履行」
  不正行為を行った等の報告,監査,相談体制構築等の履行日又は監理団体において
  すべての技能実習を終了しているときはその最終日から3年間
L行方不明者の多発
  上陸基準省令に規定する人数以上の行方不明者が発生した日 (上陸基準省令に規定
  する人数以上の行方不明者がいる場合で, 行方不明者が最後に発生した日)から3年間
M不法就労者の雇用等
  不法就労者を雇用等した最終日から3年間
N労働関係法令違反
  法定の除外事由なく法定労働時間を超えて時間外労働を行わせていた最終日など
  労働関係法令に違反した行為の最終日から3年間
O営利目的のあっせん行為
  あっせん行為の日から3年間
P再度の不正行為
  再度の不正行為の終了した日から3年間
Q日誌等の作成等不履行
  日誌等の作成・備付け・保存を開始した日、又は日誌等を作成しないまま技能実習が
  終了し、あるいは保存せず廃棄したときは保存期間満了日から1年間
R帰国時の報告不履行
  報告の履行日から1年間